ユメタン・ストックなど英単語帳の使い方・ポイント

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、ユメタン・Stockなどの、大学受験向けの英単語帳の使い方・ポイントについて、

耳で高速学習
ダッシュでチェック

といったあたりについて、お伝えします。

英単語帳・英単語集、大学受験向けだけに絞っても、
様々なものがあります。

大学受験向けのものだけでも、
・ターゲット1900ほか「ターゲット」シリーズ
・システム英単語
・「ユメタン」シリーズ
・「速読英単語」シリーズ
・「Stock3000」「Stock4500」

などなど多数あります。

高校生向けだけではなく、中学生向け・資格試験向けなど、様々な英単語集が出版されています。

それぞれに特徴はありますが、
基本的には、レベルにあったものを、うまく使いこなせれば、どれでもOK。
(逆に言えば、「レベルに合わない」「うまく使いこなせない」と言う場合は、定評のあるものを使っても効果は薄い・・・)

そのいずれの単語集でも、最近のもので共通するのが、
「音声教材がついている」
ということです。

耳で高速学習

英語の学習では、当然ながら、
音声教材を使うと、効率よく学習を進めることができますので、
ぜひ、どんどん活用していきましょう。

 

まず音声をゲットせよ!

単語集の付属の音声教材は、
単語集を買ったらすぐにゲットしたいところです。

別売りのCD
本についているCD
インターネットの音声ダウンロード
専用の無料アプリで音声を再生

といった形で音声が利用できます。

自分が利用しやすい形のものを選ぶのも手です。

例えば「ユメタン」は、
「ユメタン」を買うと、CDが付属でついているので、
そのまま手軽に使用できます。

「Stock3000」「Stock4500」は、
無料アプリを別にダウンロードする必要があります。

アプリ利用の場合は、再生速度を変えることができる機能があったりする場合もあるので、より効率よく学習を進めたいときに便利です。

いずれにしても、無料の音声を、ゲットしましょう!

 

スピードラーニング風?

日本語・英語が交互に

最近、多くの音声教材で、
日本語・英語を交互に言ってくれます。

実は、CMが多く流れているスピードラーニングが、
日本語・英語を交互に流す形式なのですが、
おそらくアレを、普通の本にも取り入れたのではと思われます。

日本語・英語が交互に流れる形式、便利です。

例えば、「ユメタン」「ストック」いずれも、
日本語・英語が交互に流れる音声がついています。

このタイプの場合、それほど単語が定着していない段階で、
音声のみを聞き流しても、効果があり、便利です。

 

耳で慣れる

「なかなか単語が覚えられない」
と言う場合は特に、
この、とりあえず「耳で慣れる」
という段階を挟むと、覚えやすくなります。

覚えようと意識しなくても、
何度も繰り返し聞く。

これだけで、英語に慣れ、なじんでくるので、
そのあとの単語の定着度合いがぐっと上がります。

 

ダッシュでチェック

聞き流すだけでもそれなりの効果はありますが、
やはり、単語集を十二分に活用したいところ。

そうかと言って、あまり時間はかけたくありません。

とは言え、単語力が少ないうちは、単語集を使う時間も、
ある程度は抑えたいところ。

3秒テスト

知ってる・知らないに分ける

単語集を、ただぼーっと眺めているのはもったいない。

意味を隠して、パッと意味が出てくるか、自分でテストを繰り返してみましょう。

パッと意味が出なかったものに印でチェック。

印が出なかったものを中心に繰り返し自分でテストをして、覚えていきます。

ポイントは、
「知っているものと知らないもの」を分ける
「知らないもの」を覚えることに時間を使う
スピードを意識する

といったところです。

スピーディーにチェックして覚えていきましょう。

耳で慣れる→ダッシュでチェック

まとめると、
レベルに合った単語集を使い、
「耳で慣れる→ダッシュでチェック」
で、スムーズに単語力を上げていくことができます。

 

小学生・中学生・高校生
学習塾・個別指導塾・受験予備校 一英塾 勝田台校トップページへ
オンライン個別指導にも対応しています

一英塾へのお問い合わせ・お申し込みは
お問い合わせフォームから!