英文読解入門

完全マンツーマン・英文読解入門特別講座

特別講座対象:高校生・高卒生・大学生・社会人
(中学生も状況により受講可能です)

対面授業・オンライン・両方対応

一英塾 勝田台校 – (katsutadai-study.net)

お問合せフォーム

TEL:043-463-3003

こんな方におすすめ

こんな方におすすめです。

・とにかく英語が苦手
・単語はわかるのに英文の意味がわからない。
・英文はなんとなく読めるが、ただ、単語をなんとなく当てはめているだけ。
・高校の英語の教科書を、ちゃんと読めるようにしたい。
・大学入試の長文が苦手。
・英検・TOEICの長文が苦手。
など

講座内容


英文読解・英文解釈に特化した完全マンツーマンの入門講座です。
英文を読むための基本ルールを、じっくりひとつひとつ確認していきます。
品詞・用語・文型の基本から、簡単な例文で、丁寧に確認します。

ポイント

・英文を読むには、まずは、〇〇をつかむ。

・かたまりがわかると読める。

・〇〇を繰り返して完全マスター、自動化。

など

マンツーマン指導の利点


英文読解・英文解釈に関する優れた教材・講座は、数多くあります。
基本的には、それらを使ってどんどん学習を進めれば問題ありません。
ただ、実際に生徒を見ていると、それらの教材を十分に使いこなせていない状況が見受けられます。
また、教材を使いこなし、構文をとることになれてきたものの、
そこから「瞬時に使えるもの」に昇華させるには至っていない状況になっている場合もあります。

そのような状況において、マンツーマン指導でひとつひとつ、様々な角度から繰り返し確認していくことで、より効率的に、英文の読み方を体得し、瞬間的に使えるものにしていくことができます。

オーダーメイド指導


マンツーマン指導ですので、それぞれの方に合わせた、オーダーメイドのカリキュラムです。
理解・定着の状況、目標に合わせて学習を進めます。
「英文読解講座」ですが、学習状況により、中学・高校の英文法の確認も行います。
その他、様々なご要望に、可能な範囲でお答えします。

通常の個別指導との違い


当教室の通常の個別指導(1:1~3)の中でも、英語の指導の一部で、英文読解の指導を行っています。
それらとは異なり、英文読解・英文解釈に完全に限定し、教材を限定し、さらに完全マンツーマンとすることで、より効率的に、より深く、学習を進めていくことが可能です。

使用教材

使用するのは、入手しやすい、市販の教材です。

下記の教材の中から、学習状況に応じて、使用していきます。

中学英文法

・中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく(山田暢彦・学研)

高校英文法(基礎)

・高校とってもやさしい英文法(大岩秀樹・旺文社)

英文読解(メイン教材)

・高校とってもやさしい英文読解(大岩秀樹・旺文社)
・超入門英文解釈の技術60(桑原信淑・桐原書店)
・入門英文解釈の技術70(桑原信淑・桐原書店)
・読解のための英文法が面白いほどわかる本(KADOKAWA・肘井学)
・英文読解入門・基本はここだ!(西きょうじ・代々木ライブラリー)
・英文読解のオキテ55(宮下卓也・KADOKAWA)

総合英文法(参考)

英文法・語法の知識を網羅した700~900ページ程度の辞書的な参考書。
*以下のいずれか1冊を辞書的に利用
*下記以外にもあるが、入手しやすい・使いやすいのは下記のもの。

SKYWARD総合英語(佐藤誠司・桐原書店)
アトラス総合英語 英語のしくみと表現(桐原書店)
真・英文法大全(関正生・KADOKAWA)
総合英語Evergreen(いいずな書店)
総合英語Forest(桐原書店)

上記の教材の中から、学習状況などに応じて、2~3冊を使用して、学習を進めます。

授業料・開講時間

特別講座授業料


月額:33,000円(週1回/50分×4回)*完全マンツーマン(1対1)の指導です。

開講時間

月曜~土曜 14:00~22:00
*教室での対面・オンライン、両方対応可能です。

オンライン授業にも対応可
オンラインの場合は、ZOOM・LINEを利用して行います。
一英塾LINE公式アカウントにてやりとりをします。
スマホ・タブレットなどのカメラで、画像のやりとりを行います。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

一英塾 勝田台校 – (katsutadai-study.net)

お問合せフォーム

TEL:043-463-3003

教材の詳細・特徴

中学英文法

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく(山田暢彦・学研)

初版発行:2022年3月(新課程に合わせた改訂版)
ページ数:336ページ

中学英語の文法のすべてを、1冊に集約した内容です。
新課程に合わせて、高校から中学に降りてきた、仮定法などが、改訂版に新たに追加されています。

中学内容に不安がある場合は、この教材から学習します。
スピーキングのトレーニングもできるように工夫がなされています。

高校とってもやさしい英文読解

高校とってもやさしい英文読解(大岩秀樹・旺文社)

初版発行:2022年2月(新課程に合わせた改訂版)
ページ数:144ページ
サイズ:B5(一般的なノートと同じサイズ)

「英文読解」の参考書の中で、おそらく、最もやさしいものの一つです。
基礎の基礎まで内容を絞り込んであるので、短期間でやりきることができます。
基礎の基礎ということで、非常に重要かつ基本的な内容が冒頭に書かれています。
冒頭の、「準備編・基本のおさらい」を丁寧に確認し、学習を進めます。
問題文の和訳・構文把握を丁寧に行っていきます。
復習として、音声教材を利用したリピート・シャドーイングなどで、
基本的なフレーズをしっかりと頭に入れていきます。

基本はここだ!

英文読解入門・基本はここだ!(西きょうじ・代々木ライブラリー)

初版発行:1995年
(改訂版(現在のもの)は2005年5月・初版発行)
ページ数:165ページ
サイズ:A5(一般的なコピー用紙の半分の大きさ)

英文読解の参考書のロングセラーです。
英文読解に必要な知識、どう読むかを、コンパクトにまとめています。
ある程度学習が進んだ後にサッと読んでも、気づきのあるものになっています。

入門英文解釈の技術70

入門英文解釈の技術70(桑原信淑・桐原書店)

初版発行:2008年1月
ページ数:257ページ
サイズ:A5(一般的なコピー用紙の半分の大きさ)

英文読解の定番参考書の一つです。
入試問題の一部分を使って、構文把握・意味確認の練習をしていきます。
レベル表記は、「中堅大・共通テスト」となっていますが、
大学・問題によっては、ここまでの知識は不要な場合もあります。

読解・解釈の学習は・・・

基本的には、上記のような教材をしっかり独習したり、それに類する授業を受けて
しっかり身に着けていけば、英文読解の力はついていきます。

しかしながら、実際に生徒を見ていると、どうしても、英文読解については、
表面的な学習で終わってしまっているケースが多く見受けられます。
もちろん、なんとなく英語になれる段階も、必要ではありますが、
それだけでは伸び悩みます。
やはり、しっかりと構文をとる練習をする段階が必要です。
そして、ここがもう一つの穴なのですが、構文が取れて終わりでは不十分です。
構文・意味がしっかりとれたものを繰り返し読み、
同じ構文は無意識に把握できるところまで練習していく必要があります。

・今さら聞きにくい、そもそも、これってどんな意味か?
・構文を本当に取れているか、なぜ、そう取れるのか?
・繰り返し練習し、スムーズに読めるようになっているか?

などを、マンツーマン指導で、ていねいに繰り返し掘り下げていきます。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

一英塾 勝田台校 – (katsutadai-study.net)

お問合せフォーム

TEL:043-463-3003

一英塾(いちえいじゅく)勝田台校
勝田台駅から徒歩2分
千葉県佐倉市井野1544-31
なごみビル202

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

一英塾 勝田台校 – (katsutadai-study.net)

お問合せフォーム

TEL:043-463-3003