「英検」タグアーカイブ

英検®︎ライティングのポイント

今回は、英検®︎のライティングのポイントです。

英検、リニューアル後は、なんと3級からライティングの試験があります。
ライティング(いわゆる英作文)、ちょっとしたポイントをつかめれば、
誰でも、比較的簡単に合格ラインに届きます。場合によっては満点も狙えます。
満点を狙うというより、結構採点が甘めなので、問題文にしっかりと沿ってそれなりに書けていれば満点の可能性があります。

この部分、文法的にはちょっと微妙かな、表現がちょっとどうかなというものでも、満点になっていたり、文法問題が苦手で、ライティングでも結構文法的な間違いが多くても、しっかり合格している生徒、結構います。

では、なんでも書けばいいのかというと、そうはいきません。
抑えるべきポイントはしっかりおさえましょう。

ポイントは、
1、質問文にしっかり答える。
2、指示を守る。

ここを外すと、確実に減点されます。
というか、そもそも、質問から全く外れたことを書くと0点の可能性があります。

ものすごく当たり前ですが、
「質問に答える」
ということだけは絶対に守りましょう。

例えば、
What is your favorite sport?
という質問なのに、
My favorite food is sushi.
などと、食べ物の話を延々書いたら0点です。

ちゃんと、
My favorite sport is tennis.
というように、お題にそった答えを書きましょう。

2つ目の、「指示を守る」というのは、例えば、
「理由を2つ書く」、「語数は〇〇語程度」
とあれば、それを守りましょう。

ただ、この点は、
「2つ目が思いつかない」
「指定の語数から足りない」
という場合も、
テーマに沿っていれば点数はもらえるので、
何かしらは書くようにしましょう。

聞かれる質問は、特に3級はそれほど難しくなく、
比較的似たテーマが多くなっています。

過去問や、問題集で練習して、
解答例などから、使えそうな表現をとって、
自分でかけるようにしておきましょう。

なお、多くの問題集の解答例は、
ずいぶん難しそうに書かれていますが、解答例のように難しく書く必要は全くありません。

ものすごく簡単な表現でいいので、書けるようにしておけば大丈夫です。

なお、英検®︎3級のライティングのような問題は、
学校の定期テストや、公立高校の入試でも出題される場合が多いです。

英検対策で、ライティングに強くなっておくと、
これらの試験でも、点数をアップさせることができます。

一英塾
勝田台校

 

(英検®は公益財団法人 日本英語検定協会のの登録商標です。このコンテンツ(katsutadai-study.net)は、英検協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。)

英検®︎3級・二次試験 スピーキングのポイント

英検®︎3級からは、二次試験があります。

実は英検®︎4級・5級も、合否に関係ない、インターネットで受けられるスピーキングテストが、おまけのような形でついていたのですが、しっかり合否に関係のある形で登場するのは初めてになります。

「二次試験?」
「スピーキング?」
「なんか大変そう・・・」
と思うかもしれませんが、
基本的には、一次試験に合格する力があれば、簡単な試験です。

過去問で一通り対策をしておいて、しっかり試験に臨めば、ほぼ間違いなく合格できます。

旺文社の

「英検®︎3級 二次試験・面接 完全予想問題」

を一冊やっておけば大丈夫です。

「7日でできる」とありますが、7日もかからないかもしれません。

あまりにも時間がない場合は、
過去問を一冊まるまるできなくても、
最低限、どんな形式なのかはしっかり頭に入れておきましょう。

基本的には、全く同じ流れなので、どの問題が、どの順番で出てくるのか、何をすべきかがわかっていれば大丈夫です。逆に、さすがに全く何をするのかわからない状態で挑むのはちょっと大変かもしれません。

問題集の使い方ですが、基本的には、テキストに使い方が書いてあるので、それに従って進めれば大丈夫です。
CDを使って、実際に答えを言ってみて、解答例との差を確認し、コツをつかんでいきます。

問題にトライしてみて、万が一、
「あれ?思ったより何も思い浮かばない!やばいかも。」
と思っても大丈夫です。

基本的には似たような問題が出題されるので、
解答例をしっかり確認して、よく使えるフレーズをしっかりと覚えて、使えるようにしておけば、しっかりと言えるようになるので、心配いりません。

なお、試験官の先生は、基本的には、非常に聞き取りやすい英語で話してくれます。3級のリスニングがある程度できているわけですから、聞き取りは心配いりません。
なんとなくゴツい怖そうなネイティブが出てきたり、ものすごいイケメンだったりセクシーだったりするネイティブが出てきて緊張するということはありません。基本的には、学校や塾の日本人の英語の先生のような感じの方が、試験官として登場します。

では各問題について見ていきます。

最初に、問題カードに書かれている英文を黙読した後で、音読します。音読は、ゆっくりでいいので、普通に声を出して読めば大丈夫です。1つ2つ読めない単語がでてくるかもしれませんが、慌てずにそれっぽく読んでそのまま読み進んでいってしまって大丈夫です。もちろんその場合減点される可能性がありますが、それだけでは合格ラインに届かないほどではないので、慌てず、落ち着いて進めましょう。
なお、あまりにカタカナ英語すぎるとやはり減点されますので、普段の学習から、ある程度、音声教材に近い、正しい発音で音読するように心がけましょう。とはいっても、Rやthの発音を苦手なのに無理に頑張って意識しすぎる必要はありません。普段から英語を声に出す機会を設けていれば大丈夫です。

問題は全部で5問あり、前半3問は、問題カードに沿った質問、後半2問は、受験者自身に関する質問です。
その他詳細は、英検®︎の公式サイトなどに出ているので、確認しておきましょう。

答える際に使う表現はほぼ決まっているので、使う表現を、頭に入れて、しっかり使えるようにしておきましょう。

また、細かな点として、

「they he she などの代名詞を使う。」

「a やthe などの冠詞、複数形のs、その他文法事項」
などの間違いについては、正確に言えた方がいいですが、もし間違えても、原点はあるものの、内容があっていれば、合格ラインには届いている可能性が高いので、慌てないようにしましょう。

 

どこを注意すべきかについても、過去問で練習していくうちにポイントがわかってきます。

なお、態度も評価対象です。できるだけ良いコンディションで、早い時間に行くといい評価がもらいやすいかも、という話もあります。
いずれにしても、早めに試験会場に行った方が何かと安心です。

がんばりましょう。

一英塾
勝田台校

(英検®は公益財団法人 日本英語検定協会のの登録商標です。このコンテンツ(katsutadai-study.net)は、英検協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。)