「算数」タグアーカイブ

令和クイズ!

こんにちは!
一英塾 勝田台校です!

さて、
新元号が「令和」に決まりました!

今回は、それにちなんだ、
「令和クイズ」
です!

なお、この問題は「TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国」(2019年4月7日放送)を
参考に作成しました。

気になる方は、TBSラジオクラウドで聴けるようですので、聴いてみてください。

問題です!!

新元号「令和」。

実は、発音の仕方に、いくつかパターンがあります。

1、「れ」の発音は「RE」か「LE」の2通り。
2、「れいわ」か「れーわ」の2通り。
3、アクセントは「れい」を強く読むのか、アクセント「なし」かの2通り。

それぞれ2通りずつだとすると、合計何通りの発音があるでしょうか?

答えはこのブログの最後で。

おまけ情報
1、日本語も実は「L」(舌を天井につける)と「R」(舌をつけない。または丸める)の発音があります。例えば、「ラーメン」単独では「L」の発音をしますが、「みそラーメン」「とんこつラーメン」の時は、「R」になります。
(ローマ字表記は、Rのみを使用し、Lは使用しません。)

2、「平成」も「へーせー」「へいせい」2通りの発音をします。

3、「昭和」も同様に2通りのアクセントがあります。

さて、「令和」の読み方は何通りでしょうか??

正解は・・・・

正解の発表の前に、
算数・数学のカリキュラムについての情報。

今回、「何通り」かを出す、「場合の数」は、
小6・中2で学習します。

小6で学習した内容で、一応できるはずですが、
生徒に解いてもらったところ、
やはり、中2生までは苦戦、中3生以上は割とあっさり、
ということが多かったようです。

というわけで、
ようやく
「正解発表〜〜〜〜!」

 

正解は、「8通り」でした。

(ちなみに、「RとLなんて、話が強引だ!」ということで、「1、RとLの件」を除いて、「2、レーとレイ」「3、アクセント」のみで考えると4通りです。)