「勉強法」タグアーカイブ

ミスと暗記と羽生結弦と羽生善治と

こちらの記事も、アメブロからの転載です。

ああ、またケアレスミスしちゃった!
あそことあそこのケアレスミスがなければ、もっと点数が取れたのに!

そんなこと、よくあります。

でも、それ、本当にただのケアレスミスでしょうか?

本当の「ケアレスミス」は一回のテストで、ひとつあるか無いか。
それ以上、3つも4つもミスをしていたら、それは、練習不足、知識不足です。

暗算ですぐに答えが出せるような簡単な計算をミスすることは滅多にないと思います。

十分に慣れていれば、ほとんどミスはしないのです。
あるいは、慣れていくほど、ミスする確率が減ります。

もっとわかりやすい例を言うと、
「羽生善治(はぶよしはる)」
と「羽生結弦(はにゅうゆづる)」が
ごっちゃになる人、
よほどテレビやニュースを見ていない人を除けば、
おそらくいないでしょう。

「ええっと、ほら、将棋の羽生結弦くん」とか、
「フィギュアスケートの羽生善治さん」
などという間違いを、ケアレスミスでするなんて、ないですよね。

でも、もしかしたら、100年後の人は、
「羽生善治と羽生結弦、ややこしいなあ。」
と思うかもしれませよ。

同じ時期に活躍して、同じ時期に国民栄誉賞をとって、なんか同じ漢字で違う読み方で、なんとなく下の名前が読みづらい。
「羽生善治」と「羽生結弦」。

100年後の人が字面だけ見ても
「ややこしいなあ。」
と思ってしまいそうですね。

ではなぜ、私たちは、
「羽生善治と羽生結弦」を区別できるのか。

当たり前すぎて、区別も何も・・・

というところですが、
ちゃんと区別できる理由としては、
「それぞれの方の情報を、しっかりと持っているから」
というのがあります。

将棋の羽生善治さんであれば、
顔はしっかり知っていて、将棋を指している映像もあって、
あの落ち着いたトーンで高めの声でしゃべっている映像も多くの人が見たことがあって、そもそも将棋の羽生さんのほうがだいぶ先に出てきた・・・
ということもあり、知っている情報、かなり多いですね。

フィギュアスケートの羽生結弦くんであれば、
もちろん、顔はしっかり思い浮かび、
フィギュアスケートを滑っている映像を、
ほとんどの日本人が何度も見たことがあって、
といった具合に、やはり、かなりの情報が入っています。

これがもし、

他の情報一切なしで、

「羽生善治」「羽生結弦」「将棋」「フィギュアスケート」「国民栄誉賞」
の5単語だけで丸暗記しようとしたら、かなり辛いのではないでしょうか。

「何を当たり前のことを延々といっているのか」
と思うかもしれませんが、
「暗記が苦手」

「ごっちゃで間違えて覚えちゃう。」
という人、

「羽生善治」「羽生結弦」「将棋」「フィギュアスケート」「国民栄誉賞」
の5単語だけで丸暗記のようなことをしていませんか?

「勉強ってどうやったらいいのかわからない。」
という人は、
「自分が自然に覚えていること・できること。」

「自分がなかなか覚えられないこと・できないこと」
の違いを、身近なものから見てみると、
どう工夫すればいいのか、見えてきますよ。

なお、似たような話で、
最近の社会科のテストの記号選択問題で、

A. 太平洋
B. 大西洋
C. 大泉洋

という出題をする、面白い先生が結構いらっしゃるようです。

選択肢を一つ減らしてくれて、テスト中にちょっと和ませてくれる、いい先生です。

でも、もしこれが100年後だったら、
100年後の中学生は、海の名前でなんとなく、
「C. 大泉洋」
と選んでしまうかもしれませんよ。

「え?なんか海っぽくない?昔の俳優?知らないし。」
などと100年後の中学生は言っているかもしれません。

「暗記、勉強、よくわからん!」
と言う人も、多く触れて、親しんでいくと、違って見えてきますよ。

一英塾
勝田台校

中1の超カンタンなフレーズも意外とプロセスが・・・

アメブロの方にも記載したのですが、これは結構大事ということで、こちらにも載せます。

まずはこちらの問題を見てください。

問題)次の文を英訳しなさい。
あなたは何のスポーツが好きですか? 私は野球が好きです。

答え)
What sports do you like? I like baseball.

英語の、超基礎レベルの問題です。
とはいうものの、ある意味、中1前半レベルの集大成、中ボス的な存在でもあります。

定番中の定番なので、そのまま答えを覚えておけば、まあ、答えられるのですが、この問題を、しっかりわかって、さらりと正解できるためには、実は意外と多くのステップがあります。

簡単そうに見えても、実は多くのことをマスターできていないと、できないものですよ、というのが今回のお話です。

では、どのようなことが必要なのでしょうか?

1、しっかり読み書きができる。
「当たり前すぎるだろ!」と思うかもしれませんが、ここをしっかりできないと、中学校の定期テストでほとんどの問題に回答できません。特に、このレベルは超基礎なので、このレベルができていないと、先に進むのはなかなか大変です。

whatを、watと書いてしまったり、sportsをspotと書いたりしていては当然ダメなわけです。

そして、その前の段階で、sportを「スポーツ」だとわからなければいけません。

sportsが読めて、意味がわからないといけないわけです。

もちろん、sportsという単語だけでなく、この内容であれば、使っている教科書に関係なく、すべての単語がしっかり読めて、意味がわからなければいけないわけですが。

なお、正しく読めないところが部分的にあっても、この問題に正解することだけは、一応可能ではあります。

ただ、このレベルがデタラメでは、さすがにこの先がたいへんになってきます。

そして、この「テストは読み書きが中心」というのがポイントです。

小学生のうちから英語をやっていたのに定期テストで点数が取れないというのは、読み書きの練習が取れていないのが原因です。
そのようなわけで、会話主体よりも、読み書き主体のほうが、中学の定期テストにはとりあえず対応できるということになります。

とはいうものの、今後のことを考えると、スピーキングも自信をもって頑張ってもらって、読み書きもしっかりと、というのが大切ですね。

2、文法を使いこなせている。

文法用語を知っている必要はありません。

ただ、「こういう場合はこうなる」という文法のルールが頭に入っていて、使いこなせているかがポイントです。

まずは、
I like ~. You like ~.
の文をしっかり使いこなせているか。
その上で、
You like ~.
の文を疑問文にすると、
Do you like ~?

の形になることがわかり、使いこなすことができるか。
さらに、
Do you~? の前に、whatなどの疑問詞をつけて、
What do you ~?

の文をマスターできているか。
さらに、Whatを使った文の応用で、
What sport(s) do you~?

What color(s) do you~?
の文をマスターできているか。
といった順番で、ステップを踏んでいくことになります。

たとえばある教科書だと、
Lesson 1 で I like~. You like~. Do you like ~? I don’t like~.
Lesson 2 で I have ~.などの他の動詞と What やHow many などの疑問詞。
といった順番になります。

この前後のレッスンで、
I’m Jack. Are you Jack? のようなbe動詞の文が登場します。
このbe動詞の文と区別できるかどうかもポイントです。
この区別は、慣れていないうちに理論的にやってしまおうとすると、混乱しがちなので、それぞれの文をたっぷり練習して、それぞれの文に習熟して慣れるようにするのがポイントです。

3、勘がいい生徒の場合はこんなことも・・・

実は、小学生のうちに、以下のようなフレーズを練習しているケースが多いです。

Where do you live? I live in Sakura.

What color do you like best?  I like red best.
How old are you? I’m 10 years old.

小学生の英語教室でわりとよく練習するフレーズです。

小学校の英語でも、練習するケースも多いようです。
いずれも、比較的言いやすく、基本のフレーズを練習したあとに、住んでいる場所・色・年齢を変えるだけでいろいろ言えるので、練習しやすい内容です。

これらのフレーズの中に、be動詞と一般動詞の使い分け、whatなどの疑問詞の使い方が出てくるので、勘がよければ、これらと結びつけてスムーズに理解できる場合もあります。

そこがすぐに結びつくのは難しいので、基本的には、文法事項を改めて積み上げて、読み書きをしっかり確認し、そして思い出してみると実は、小学校で少し出てきたなあ、といった具合になります。

以上のように、簡単そうな内容も、マスターするのは意外と多くのステップが必要です。
学校の英語の定期テストで点数を取るのは実は大変なんです。

もちろん、このレベルであれば、さらりと高得点を取ってしまう人もいますが、点数がとれないからといって英語はもうダメだ〜と思う必要も全くありません。

また、全部きっちりやる必要も、実はなかったりします。
「ここは後からわかればいいや〜」
と一旦先に進んで、
「あれ?」
と思った時に戻って確認、もOKです。

行きつ戻りつ、目的に合わせて、ひとつひとつ積み上げていく。
これが大切です。

佐倉市の学習塾
一英塾 勝田台校

アメーバブログより