中学生の英語

中学生が英語でつまずく大きなポイントとして、以下の2つがあります。
「習っていたのに点数が取れない」「文法用語が難しい」この2点について、今回は述べていきます。

英語を習っていたのに点数が取れない?!
「小学生のうちから英語を習っていたのに点数が取れない!」そんな声を耳にします。このような場合、原因は大きく二つあります。

1つ目は、「読み書きに慣れていない」から。小学生の、いわゆる「英会話教室」の場合、「話す・聞く」が中心の場合が多いです。それに対し、中学校の定期テストは、ほとんど「読む・書く」が中心です。話したり、聞いたりできるものを、しっかり読めて、書けなければ、残念ながら、点数には結びつきません。そこで、英会話よりも、「読み・書き」のウェイトが大きい教材に取り組み、身につけた生徒は、ひとまず、テストの点数は取ることができます。そうはいってもやはり、しっかり「聞く・話す」の練習をして、先生のフィードバックを受けて、さらに、「読み・書き」まで持っていき、バランスよく英語力を身につけたいところです。

2つ目は、「テスト」というものに慣れていないから。自分の知識をもとに、テストで問題に解答するためには、生徒によっては「慣れ」が必要です。もちろん、勘のいい生徒は、自分の身につけた知識をもとに、うまく、テスト問題に解答していくことができますが、全員がスムーズにできるわけではありません。しっかりと、ワークブック・問題集で問題に慣れておく必要があります。ワークに取り組む際にも、当然ながら、「聞く・話す・読む・書く」の四技能をバランスよく身につけていれば、それだけスムーズに進めていくことができます。

文法用語に負けない!
中学校での英語の学習が進むと、多くの文法用語が登場してきます。「一般動詞とbe動詞の違い」「三単現のs」「動詞の規則変化・不規則変化」「不定詞の名詞的用法・形容詞的用法」などなど。そのような文法用語に圧倒されすぎて、混乱してしまうということがよくあります。この際に、注意しなければならないのは、文法の「説明」を理解することに重きを置きすぎてしまうこと。語学のゴールは、「文法理論の『説明』ができるようになること」ではありません。必要な表現を「使いこなせるようになること」がゴールです。使いこなし、身につけるための補助として、文法や、その他の理論を利用するのが大切です。
特に小学校時代から熱心に英語に取り組んできた生徒は、いろいろなフレーズが頭の中に入っていると思います。その、何となく頭の中に入っているフレーズが、文法用語と上手く結びついて、繋がっていくのが理想です。
フレーズやリズムが先に頭に入っていって、あとから、文法の説明が加わっていくほうが、上手く頭に入っていきます。

余談ですが、この「説明」に重きを置きすぎてしまうアプローチは、注意が必要です。英語に限らず、数学や、その他の科目も、あくまでも「問題が自力で解けるようになること」「使いこなせるようになること」がゴールだということを意識しましょう。「説明できること」は、特に小中学生の場合、補助的なものになります。

千葉県佐倉市・八千代市・千葉市花見川区などから通塾可能
小学生・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試
学習塾・個別指導塾 一英塾 勝田台校
こども英会話 アニージュニアイングリッシュ 英語教室 勝田台校

〒285-0855 千葉県佐倉市 井野1544-31 なごみビル 202
TEL: 043-463-3003