英語「で」学ぶ

近年、「英語『で』学ぶ」教育が注目を集めています。中学校・高校においても「英語の授業は英語で行う」方針が示されています。また、国際教養大学や、早稲田大学・上智大学などの国際教養学部では、語学に関係のない授業も含めて、授業を全て英語で行っています。小学校レベルでも、CLILのように、理科・社会などの学習でも英語を使ってみようという動き、新たなアプローチがあります。

従来の手法(和訳中心)

従来の日本の英語教育においては、「和訳」が大きなウエイトを占めていました。中国語に返り点をつけて読んでいく漢文読解の手法の延長で、英文の読解も行ってきた部分もありました。複雑な構文をもつ英文も正確に鮮やかに読んでいくということで、このようなアプローチも、また優れたものでもあります。例えば大学受験レベルの学習では、構文把握、和訳の後、音声教材を聞きながら音読を繰り返し、英語を英語のまま理解できるように持っていくということを、英語の得意な生徒は行っています。もちろんこのようなアプローチにおいても、高い英語力をもつ人は最終的には、英語を英語のまま理解していたわけです。

四技能重視・英語のまま理解

近年、日本の英語学習は、読み書き偏重から、「読む・書く・話す・聞く」の四技能をバランス良く学ぶ方向へ変化してきました。特に「話す」「聞く」場合において(英会話の際に)、日本語に全て置き換えていては間に合いませんし、読み書きにおいても日本語をできるだけ介さないほうが速く情報を処理できます。例えば、公立高校の入試などでは自由英作文が出題され、英検などではライティングの試験があります。英文でe-mailやテキストメッセージを送る機会も増えてきます。英文の内容を考えるにあたり、英語をすぐに出せるほうが当然良いのです。日本語で考えるとむしろ難しくなってしまうのに対し、英語表現をスッと出せるほうが簡単に書くことができます。

英語を英語のまま理解することで、四技能をバランス良く身につけ、かつ英語を速く理解することにつながっていきます。これを、学習の初期段階から行っていこうというのが近年のアプローチなのです。

様々な手法がありますが、「英語を英語のまま理解できるようにしていく」これが重要なのです。

一英塾
ANNIE Jr. English 勝田台校への
お問い合わせは、
TEL: 043-463-3003
または
お問い合わせフォームからどうぞ!

 

一英塾へのアクセス・道順

千葉県佐倉市・八千代市・千葉市花見川区などから通塾可能
小学生・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試 学習塾 一英塾 勝田台校
こども英会話 アニージュニアイングリッシュ 英語教室 勝田台校