高校生向け・おすすめ英語テキスト(入門)

高1から使える入門テキスト
(高2生・高3生も、基礎の基礎固めはここから)

英文法

高校英文法をひとつひとつわかりやすく(学研)

「高校英語の準備〜入試準備として文法の基礎を身につける」のに使えるテキストです。
中学レベルの復習から入り、高校英文法の内容を一つ一つ学習します。
「入試レベルにチャレンジ」は学習時期によっては難しいですが、チャレンジし、繰り返し学習し、しっかり身につける必要があります。
この1冊をしっかり学習してから、標準レベルの問題集に入ると、理解度・吸収度がグッと変わってきます。

高校英文法基礎パターンドリル(文英堂)

「高校英文法」のタイトルですが、中学レベルからしっかり練習ができます。
意外と分野によっては中学レベルが抜けていることが多かったり、あるいは知識としては入っているけど使いこなせていないということが多い場合に、これで固めると、本格的な入試対策にスムーズに入っていけます。

成川の「なぜ」がわかる英文法の授業(学研)

英文法をわかりやすく解説してある参考書を、一冊は揃えておきたいところです。
丸暗記では限界があるため、しっかりと、イメージと理由を確認することで、英文法が頭に入りやすくなります。

総合英語Evergreen (いいづな書店)

難関校受験まで使える文法参考書です。いわば「文法辞書」。
順番に読むのではなく、英文法でわからないところがあった際に、辞書のように調べるという形で使うと良いでしょう。
なお、中古で「総合英語Forest(桐原書店)」が安く買えたり、知り合いから貰えたりする場合は、ほぼ同内容なので、代用可能です。

英文解釈

高校英文読解をひとつひとつわかりやすく(学研)

英文解釈・英文読解の一番易しい参考書のひとつです。
高1生・高校英語入門期の、英文読解のための1冊目の参考書に最適です。
「大学入試の英語が苦手」という場合、「長文が苦手」、さらに言えば「英文解釈が苦手」という場合が多いようです。
そこで「英文解釈」を、ということになりますが、英語が本当に苦手だったり、高校1年生だと、読みこなすのが難しいものが多くなっています。
この「英文読解をひとつひとつわかりやすく」の場合、出てくる単語が難しくないため、早い段階から使いこなすことが可能です。

簡単な分、実際の入試問題の英文解釈をするには、この参考書を仕上げた後に、より高いレベルの参考書を進める必要があります。

英単語

英単語は全ての英語学習の土台です。
とは言うものの、高1のうちは、「単語集」で勉強する前に、高校の英語の教科書をしっかり消化し、総合力を高めるのを優先しましょう。

中学英単語をひとつひとつわかりやすく(学研)
中学英語に自信がない場合はここから。

英単語ターゲット1200(旺文社)

英単語が弱いと感じる場合は、まずターゲット1200で基本的な単語を暗記しましょう。

文法問題集

スクランブル英文法・語法Basic(旺文社)

大学入試の英文法・語法問題を網羅した「スクランブル」のBasic版です。
「Basic」とついており、厚さも通常版よりも薄くなっていますが、これでかなりの内容をカバーできます。
通常盤で消化不良になるよりも、このBasicを2周3周した方が効果的です。
この「スクランブルベーシック」が難しく感じる場合は、それよりも易しいものを、まずは仕上げましょう。