教育とは?〜改めて意味を見直すと

こんにちは!
佐倉市の学習塾、一英塾勝田台校です。

今回は、「教育」という言葉の意味について改めて見直してみます。

 

 

そもそも教育とは何でしょうか。端的に言えば、「何かを教えること」です。では、辞書にはどのようにかかれているのでしょうか。見てみましょう。

「教育」とは「他人に対して意図的な働きかけを行うことによって、その人を望ましい方向へ変化させること。広義には、人間形成に作用するすべての精神的影響をいう。」(大辞林)。
「知識や技能の修得、社会人としての人間形成などを目的として行われる訓練。特に学校で行われるものを指す。」(新明解国語辞典)
「社会生活に適応するための知識・教養・技能などが身につくように、人を教え育てること。また、それによって身に備わったもの。(明鏡国語辞典)

いずれの辞書でも、「教育」とは、おおむね、「他人を」ある一定の「望ましい方向」に引っ張り、「何かを身につけさせること」としています。

まず、教育において、「必要な知識・技芸を身につける」ということは、問題ないでしょう。しかし、「望ましい方向」に持っていこうとする時に、この「望ましい方向」というものがなんであるのか、ということに、我々は注意すべきです。人としての望ましいあり方というのは、それぞれの時代や場所で変化します。また、個人の単位でも、それぞれの人のバックグラウンドで異なる部分もあります。「人間形成」「人として」という言葉を持ち出す時、定義が曖昧なまま、恣意的に用いてしまいがちです。曖昧なまま、狭い価値観の中で、一定の状況下で都合がいい状況でないことを「人として間違っている」とざっくりと言ってしまうことがあります。そのような状況に陥らないために、真の課題は何であるのか、具体的に分析し、掘り下げる必要があります。また、そもそも「完璧な人間」というものは存在し得ないのだから、謙虚で寛容な姿勢もまた大切です。

そもそも、「必要な知識・技芸を身につける」ようにすることが教育の主な部分です。「身につけてもらうものは具体的に何か」「身につけるのに効果的な道筋はどれか」「しっかりと身についたか」を着実に確認する必要があることも忘れてはいけません。

 

「あ」「亜」「a」を掘り下げる

今回は、「あ」を掘り下げてみたいと思います。

「どういうこと?」と思われるかもしれませんが、いろいろ掘り下げたり、関連づけたりすると、面白いですよ、というのが今回のテーマです。

ひらがなの「あ」

辞書の最初に掲載されている「あ」。ただの「あ」ですが、とうぜん、意味があり、意味がしっかりと掲載されています。
まずは、ひらがなの「あ」は、「呼びかけの声」や「思わず発する声」とのこと。こちらはそれほど大きな意味はなさそうです。とりあえず、発声しやすいので、呼びかけに使われたり、驚いた時や、何となく発したりするといった具合でしょうか。

「あ、すみません。」

発声しやすいが故に、つい、「あ」を言い過ぎてしまうと、何となく拙い印象を与えてしまいます。「あ、ちょっと。」「あ、すみません。」「あ、はい。」「このようになります。あ、それでですね・・・」とうっかり、「あ」を挟みがちです。調子やリズム、発声を整えるのに、無意識に、といったところですが、「あ」を言い過ぎないように気をつけたいところです。

ドラゴンクエストの「ああああ」

また、「あ」はコンピューターに入力がしやすいため、ドラゴンクエストなどのRPGで、主人公や仲間の名前を「ああああ」にしてゲームを進めてしまった方も多かったのではないでしょうか。「勇者ああああ様、どうかご無事で!」「勇者ああああが世界を救った。」などといった具合でしょうか。

「バイトするならタウンワーク」

さらに、昔のダウンタウンのネタで「『あ』研究家」というものもあったりします。松本人志(バイトするならタウンワークの人)が「『あ』研究家」になって、いろいろな状況の「あ」を再現して、さらに別の「研究家」になって・・・というネタのようです。

漢字の「亜」

漢字の「亜」にはしっかりと意味があって、「〜に次ぐ」という意味があります。「亜流」「亜熱帯」などのように使います。そこから転じて化学では「酸素が一原子だけ少ないこと。」を意味し、「亜硫酸」などのように使います。ただし、「亜鉛」と「鉛」は全く別の元素で、特別な共通点もないようで、少しややこしいところです。

英語の「a」

そして英語の「a」は冠詞で「一つの」「一人の」という意味で、頻繁にしっかり登場します。英語をしゃべっていると、「あ、ちょっと。」「あ、すみません。」「あ、はい。」「このようになります。あ、それでですね・・・」と「あ」を連発する心配はない(?!)かもしれません。

「you know…」

なお、少し脱線しますが、日本語の「えーっと」「あのー」に相当するフレーズで最もよく使われるのは「you know」です。言葉に詰まった時、語調を整える時「you know」を非常によく使います。フォーマルな場でもしっかり使えます。その際には当然「あなた知ってる」の意味はありません。ただの呼びかけ、つなぎ言葉なのに、しっかりと、主語と動詞が入っているのが、英語らしいといえば英語らしい気がします。

連想が脳にイイ!

以上のような具合に、なんてこともなさそうなところから、「あ」を深く掘り下げたり、関連する話につなげたりしてみました。このように、何でもなさそうなところから、自由に連想したり、いろいろ無理にでも掘り下げてみたりすると、面白いですよ。少し強引だったでしょうか。
よく知っているもの、よくなじんでいるものと関連していると、頭に入りやすいということもあります。面白い連想が、面白い学びにつながって行きますよ。

5月「異化・セカイ・遥か未来」

2018年5月のテーマは、
「異化・セカイ・遥か未来」
「一人・セカイ・遥か未来」
でした。

それぞれの言葉に込めた思いを、まとめておきます。

来月は、また、別の「テーマ」を掲げます。
「テーマ」は異なりますが、基本コンセプトは同じです。

「セカイ」
新しいことを学ぶと、新しい世界が広がります。
学びが面白くないときは、もしかしたら、物語に触れていないからかもしれません。知らないセカイは、不安だらけ。面白さもよくわからない。セカイの歩き方もよくわからない。そんなときは、新しいセカイの歩き方、学習方法を、しっかりガイドしていきます。

「一人」
学ぶ時には、一人でじっくり考え、理解しようとするプロセスが欠かせません。時にそれは辛い作業ですが、いろいろ捉え直すと、新たなものが浮かび上がってきます。

「遥か未来」
学びは、究極的には、遥か未来のためのもの。もしかすると、いま学んでいる知識そのものは、遥か未来には直接的には役に立たないかもしれません。それでも、いろいろ学ぶに当たっていろいろ考えたこと、頭を使ったこと、さらには、テスト直前に知識を詰め込んだ行為すらも、何らかの形で役にたちます。今の学びをうまく乗り越えつつ、遥か未来にも少しだけ思いを馳せてみるのも面白いですね。

とにかく、まずは近い目標から。目標から逆算して、いろいろ試行錯誤。気がつくと世界が広がっています。

 

スキマ時間で少しづつ

こんにちは!
佐倉市の学習塾・英語教室、一英塾Annie Jr. English勝田台校です。

5月の連休明け。
中間テストが近いという人も一部にはいるようですが、
近隣の多くの生徒の場合、2学期制だったり、1学期は期末テストのみだったりで、定期テストはまだまだ先、といったところのようです。

「定期テストはまだまだ先・・・」

そう思っていて、自分であまり勉強できていない。
そんな人も多いようです。

もちろん、定期テスト直前に詰め込んで行けちゃう人も中にはいるでしょう。
ただ、多くの人はそうではなく、直前に始めて、思ったほど頭に入らなかったという人が多いと思います。

定期テスト直前に慌てないために、今から、できることをしておきましょう。

例えば、
「授業の前後で、何を勉強するか、したか確認してみる。」
ということを意識してやってみるだけでも違います。

あるいは
「夜に計算問題を一問だけ自力で解いてみる。」
など。

できそうなことをスキマの時間に少しずつ足してみる。
これだけでもテスト勉強が楽になってきますよ。

テスト勉強のゴールは?!

こんにちは!

一英塾 勝田台校です。

今回は、
「テスト勉強のゴールは?!」
という話。

さて、定期テストに向けての勉強は何のためにするのでしょうか?
テスト勉強のゴールは何でしょうか?

当然、「できるだけテストでいい点をとる」のが目的です。

中学校の定期テストは、試験範囲の内容を、「しっかりと覚えて身につけられていれば」、点数が一定以上取れます。

この「しっかりと覚える」というのがポイントです。
当たり前の話ですが、意外とこの点をしっかりわかっていない人が多いのです。

この点を本当に意識して勉強ができているでしょうか?

とりあえずノートと教科書を眺めている。
とりあえず机に向かっている。
とりあえず問題集・ワークを解いている。
そんな人も多いかもしれません。

なんとなーく勉強を進めていませんか?
「なんとなーく」
でも覚えられて、身につけられる場合もありますが、「なんとなーく」「だらーっと」勉強して十分な結果が出ない場合は、
「目的が何なのか」
「ゴールが何なのか」
「そのために何が必要なのか?」
を少しでもいいので意識してみましょう!

精神的に辛いときは、客観的に、ゲーム感覚で?!

こんにちは!
一英塾 Annie Jr. English 勝田台校です。

4月も半分以上が過ぎてしまいましたが、順調でしょうか?
順調です!という人は、ぜひその調子で、勢いに乗っていきましょう!!

思ったようにいかない!という人は、あまり考えすぎないようにしましょう!
やはり、人間、いろいろ思うようにいかず、精神的に辛いということは起こってしまいます。
そんな時は考えすぎずに、客観的に、ある意味ゲーム感覚で乗り切るのもいいでしょう。

ゲームで失敗する場合、負ける場合、ただ単に運が悪かったり、ルールがわかっていなかったり、そのゲームに慣れていなかったりと、負ける理由は様々でしょう。
そして勝つために、クリアするために、作戦を見直したり、練習をしたり、経験を積んだり、あるいは、流れに身を任せたり、冷静に、いろいろしていきます。

加藤一二三さん、羽生善治さん、藤井聡太さんらで最近話題の多い、将棋でも、次にどんな手を打つか予測したり、対戦後に分析をしたりしています。

もちろん、どのようなものも、負けたり、うまくいかないと、辛く、悔しいものです。

ゲームをやりすぎて時としておかしくなってしまうのと同様に、何事も、深入りしすぎると、おかしくなってしまうことが多々あります。

ゲームからちょっと離れてみるのと同様に、ちょっと客観的に見てみたりするのも大切です。

壁に当たって何とかしようとするのも大切ですが、深刻に考えすぎるのもよくありません。なかなか、いろいろ難しいのですが。

 

英検各級のポイント

こんにちは!
勝田台駅前の学習塾・英語教室、一英塾Annie Jr.勝田台校です。

今回は、英検各級のそれぞれのポイントについてまとめました。

英検5級
中学初級レベル(中1の2学期ぐらいまで)とされています。英検5級創設時点から、小学生が腕試しに受けるケースも多く見られます。私が指導した小学生も、クラスのレベルにより変動しますが、おおむね9割ぐらいの子供が合格しています。クラス全員が合格する場合もあります。英会話教室の生徒はリスニングで点数を稼ぎ合格していくケースが多いです。読み書きを重視する教室でも、小学生の場合、リスニングの方が伸びやすいようです。英語に慣れていて、読み書きがある程度できれば簡単に合格できると考えていいでしょう。

簡単とされている英検5級ですが、いくつか注意点があります。
1つ目は読み書きについて。当然ですが、英語を読む練習を全くしていないと、合格できません。
2つ目は、無理をしないということです。

続きはこちらのページをご覧ください。

英検4級
英検3級 高校入試での優遇 ライティングのポイント
英検準2級 合格水準
英検2級 大学入試での優遇 外部試験利用入試
英検準1級
その他について述べています

続きはこちらのページをご覧ください。

何を重視するか?人によって、立場によって違う

こんにちは!
佐倉市の学習塾・英語教室、
一英塾勝田台校です。

今回は
「何を重視するか?人によって、立場によって違う」
というお話です。

どんなことでも、どんなものでも、
人によって、「大切だ!」と思うことは違います。
重きをおくもの、重要視するものは人によって異なります。

例えば学校。
学校の中で、学校での出来事で、大事に思うポイントは、一人ひとり違ってきます。

生徒の立場では、
・とにかく部活が大好きで、熱心。
・とにかく勉強が一番大事だと考えている。
・友達と遊ぶのが大事。いかに楽しく遊ぶかを考えている。
・昼食のメニューが大事。
などなど

先生の立場では、
・とにかく部活が大事
・良い授業をすることが大事
・とにかく生徒にテストで点数を取ってもらうのが大事
・クラスの統率が取れていることが大事
・生徒の人格を健全に形成するのが大事
・自分が正しいと思う考えをしっかり伝えるのが大事
などなど

人によって、立場によって、重要視するポイントは様々でしょう。
また、同じ「部活が大事」「勉強が大事」という考えでも、その中で、重きをおくポイントはやはり、一人ひとり異なります。

何を、どのように大切に思うか。
正解は様々です。
どれが正しくて、どれが間違っているというものではありません。

人によって、重視するものが違うということをわかっておく。
力点を置くポイントを少し変えると、違うものが見えてくる。
これが大切です。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

お問い合わせは、
TEL: 043-463-3003
または
お問い合わせフォームからどうぞ!

 


無料相談・体験授業の予約は、こちらからもどうぞ!
*RESERVAのサイトが開きます

 

千葉県佐倉市・八千代市・千葉市花見川区などから通塾可能
小学生・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試 学習塾
一英塾 勝田台校

こども英会話
アニージュニアイングリッシュ 英語教室 勝田台校

知識が入っているからこそ深く考えることができる!

こんにちは、勝田台駅前の学習塾、一英塾です。

今回は、
「知識が入っているからこそ深く考えることができる!」
ということについて。

ところで、
「覚えるよりも考えるのが、これからの教育では大切だ。」
という話をしばしば耳にします。

一見もっともらしく聞こえますが、どことなく違和感のあるこのフレーズ。
さて、どのあたりが変なのでしょうか?


先にタイトルで出てしまっていますが、
何も知識が無いのに、考えようが無いということです。

逆に言うと、知識が豊富にあれば、それだけ、多面的にものごとをとらえることができるということです。

にもかかわらず、
「覚えるよりも考えるのが大切」
という言葉がもっともらしく聞こえるのはなぜでしょうか?

例えば、テストで問題に答えるためだけに詰め込んだレベルの浅い知識は、あまり意味が無いと言えるでしょう。もちろん、まずはどのような形であれ知識を詰め込んだ上で、そこから更に、知識を深めて、考え、表現できる材料になるようにしていく必要があります。

もちろん、知識は少ないけど、話は上手という人もいます。 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、やはり、様々な知識があるからこそ、あるいは、それぞれの内容について深く掘り下げるからこそ、より建設的な議論ができるということがあるのです。

表現するのは苦手でも、まずは知識を深める段階というのも、また大切なのです。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

お問い合わせは、
TEL: 043-463-3003
または
お問い合わせフォームからどうぞ!

 

千葉県佐倉市・八千代市・千葉市花見川区などから通塾可能
小学生・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試 学習塾
一英塾 勝田台校

こども英会話
アニージュニアイングリッシュ 英語教室 勝田台校

覚えるコツは?③〜意外と見落としがちな気持ち〜

佐倉市の学習塾、一英塾 勝田台校です。

今回も、「覚えるコツ」について。

何かを覚える際に、意外と見落としがちな一つのポイントについて。
ズバリ、「気持ち」です。

気持ち?どういうこと?
と思うかもしれません。

まず、私たちが、すぐに覚えられることは何かを考えてみましょう。
例えば、
良くも悪くも
「印象に残ること」
は忘れたくても忘れられないのではないでしょうか?

この点を踏まえて、何かを覚える際には、
「感情」「イメージ」を大事にして欲しいのです。

何かを覚えるのが苦痛、学ぶのが苦痛というだけでは、なかなか頭にはいりません。

その分野にあまり興味が持てなくても、イメージを膨らませて、強引でも、
例えば、
「家のどこかに覚えたいものがなぜか張り付いている」
などの強烈なイメージを思い浮かべながら、楽しみながら覚えていけるといいですね。

「感情」や「イメージ」を大切にしながら、楽しみを見出し、覚える。
これが大切です。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村