英検®︎ライティングのポイント

今回は、英検®︎のライティングのポイントです。

英検、リニューアル後は、なんと3級からライティングの試験があります。
ライティング(いわゆる英作文)、ちょっとしたポイントをつかめれば、
誰でも、比較的簡単に合格ラインに届きます。場合によっては満点も狙えます。
満点を狙うというより、結構採点が甘めなので、問題文にしっかりと沿ってそれなりに書けていれば満点の可能性があります。

この部分、文法的にはちょっと微妙かな、表現がちょっとどうかなというものでも、満点になっていたり、文法問題が苦手で、ライティングでも結構文法的な間違いが多くても、しっかり合格している生徒、結構います。

では、なんでも書けばいいのかというと、そうはいきません。
抑えるべきポイントはしっかりおさえましょう。

ポイントは、
1、質問文にしっかり答える。
2、指示を守る。

ここを外すと、確実に減点されます。
というか、そもそも、質問から全く外れたことを書くと0点の可能性があります。

ものすごく当たり前ですが、
「質問に答える」
ということだけは絶対に守りましょう。

例えば、
What is your favorite sport?
という質問なのに、
My favorite food is sushi.
などと、食べ物の話を延々書いたら0点です。

ちゃんと、
My favorite sport is tennis.
というように、お題にそった答えを書きましょう。

2つ目の、「指示を守る」というのは、例えば、
「理由を2つ書く」、「語数は〇〇語程度」
とあれば、それを守りましょう。

ただ、この点は、
「2つ目が思いつかない」
「指定の語数から足りない」
という場合も、
テーマに沿っていれば点数はもらえるので、
何かしらは書くようにしましょう。

聞かれる質問は、特に3級はそれほど難しくなく、
比較的似たテーマが多くなっています。

過去問や、問題集で練習して、
解答例などから、使えそうな表現をとって、
自分でかけるようにしておきましょう。

なお、多くの問題集の解答例は、
ずいぶん難しそうに書かれていますが、解答例のように難しく書く必要は全くありません。

ものすごく簡単な表現でいいので、書けるようにしておけば大丈夫です。

なお、英検®︎3級のライティングのような問題は、
学校の定期テストや、公立高校の入試でも出題される場合が多いです。

英検対策で、ライティングに強くなっておくと、
これらの試験でも、点数をアップさせることができます。

一英塾
勝田台校

 

(英検®は公益財団法人 日本英語検定協会のの登録商標です。このコンテンツ(katsutadai-study.net)は、英検協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。)