システム英単語・単語集−カタカナ・語源・連想でひと工夫

今回は、大学受験向けの英単語集「システム英単語」について。

定番の単語集で、使っている人も多いと思います。
あるいは、高校などで使っていて、定期的に小テストがあるという人も多いかもしれません。

そこで、今回は、単語の覚え方の話。

今回は「システム英単語」の前半に出てくる単語を例に出しますが、記事の内容は、他の単語集(ターゲット・ユメタン・ストック・フォーミュラなど)にも有効です。

覚えるのに大切なのは、
・とにかく繰り返す
・知っている・知らないを印をつけて分ける
・音声教材も使う

などが鉄則ですが、それに加えて、これをやると頭に残りやすくなりますよという話です。
覚えるのが苦手という人には、新たな気づきになりますし、すでに同様のことをやっている人も、改めて覚え方を工夫してみると、新たな発見があります。

 

ポイントは、
「連想」「カタカナ」「語源」。

すでに知っていることと結びつけます。

具体的にどうするかというと・・・

カタカナ

まずは、カタカナからの連想。

follow=続く・従う

という単語の場合、

followは、カタカナで、「フォロー」ですね。

「誰かをフォローする」と言った場合には、誰かの後に続いて、守ってあげたり、アカウントをフォローして、アカウントで発信していることを、あとでどんどん見ていくイメージです。

そんな感じで連想していきます。

あるいは、
force=強制する・力

これも、カタカナで「フォース」。

エアフォースといえば空軍ですし、スターウォーズで「フォース」という言葉が出てきたりします。

語源 連想

 

次は、カタカナと語源から連想できるものを見ていきます。

realize=悟る・気づく・実現する

realizeはカタカナで「リアライズ」ですが、
realizeの中に、「real=リアル」という言葉が入っていますね。

「リアル(現実)にする=実現する」

と結びつけることができます。

このように、知っていることと結びつけていくと、覚えやすくなります。

音声教材 発音記号

このように覚えていくに当たって大切なのが、
「単語の読み方」
です。

だからこそ、音声教材を活用していきましょう。

もしくは、発音記号を、ある程度読めるようになっておくと便利です。
基本的には、ローマ字読みで読める部分がある程度あり、プラスアルファでいくつかのルールがわかれば、使いこなせます。すでに知っている単語と発音記号を見ていきながら、慣れていきましょう。

それは厳しいし、読み方もわからないものが多いという場合は、必ず音声教材を使いましょう。ダウンロードだとスマホやPCがうまく動かない場合は、思い切ってCDを買い、そのまま聞きましょう。機器の状況によっては、その方が時短になります。

強引でも連想

なお、カタカナや音声から連想させて覚えていく場合、覚えられさえすれば、間の連想は、極端にいえば、自己流・強引・不正確でも構いません。

例えば、
concentrate=集中する。

「concentrate=コンセントレイト・・・」
「なんかコンセントに似てるなあ・・・」と、タコ足配線のコンセントをイメージして覚えてしまっても構いません。
(言葉の成り立ちとしては、違うところがありますが、これで覚えても問題ありません。)

なお、正確には、日本語のコンセントは和製英語です。
「concentric plug(コンセントリック・プラグ)=同心円のプラグ」から来ています。いずれも、「center=中心」と関連があるため、近いと言えば近いのですが・・・。

 

などというように、こだわり過ぎると、時間がかかることもあるので、カタカナ読みと自分なりの強引な連想でも良いので、まずは乗り切っていきましょう。

まとめ

 

カタカナと語源・関連語を使いつつ、基本的には、
・とにかく繰り返す
・知っている・知らないを印をつけて分ける
・音声教材も使う
というのが大切です。

少しずつ頑張って、試行錯誤して覚えていきましょう。

もちろん、学校や塾の先生に聞きながらでも、単語の読み方・語源・覚え方を確認することができます。

最初はじっくり質問しつつ、少しずつ、自分で使いこなせるようになっていきましょう。

 

一英塾 勝田台校

お問い合わせは、
TEL: 043-463-3003
または

お問い合わせフォームから

小学生・中学受験準備・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試
学習塾・個別指導塾・受験予備校 一英塾 勝田台校トップページへ