英語・単語集どうつかう?いらない?

今回は、英語の単語集をどう使うか、いつ使うかについて、単語集が不要な場合はどんな場合かについて、あれこれ書いてみます。

なお、方法をコンパクトにまとめた記事は、

ユメタン・ストックなどの英単語帳の使い方・ポイント

・ターゲット1900ほか「ターゲット」シリーズ
・システム英単語
・「ユメタン」シリーズ
・「速読英単語」シリーズ
・「Stock3000」「Stock4500」

大学受験の英語(超基礎〜難関大の参考書を一気に紹介)

といったあたりにまとめてあります。

今回は、具体例・エピソードを多めに、あれこれ書いています。

単語集なしの場合

英語が超得意というレアケース

 

ものすごく英語が得意で好きだと言う場合
「単語集なんて全く必要ないよ!」
「いろんな文をたくさん読めば、自然に覚えられるからね。」
ということもあります。

実際、そういう方もいます。読書が好きな人が、たくさん本を読んだり、文章をよんだりしているうちに、知っている日本語が増えていって、難しい文章も読みこなせるようになります。それの英語版ができてしまう人も確かにいます。

「高校時代は英語の小説をいろいろ読んで、それで英語力を高めた。」という人もいたりします。
私がいた高校の場合、授業中に、「心のチキンスープ」や小説を英語で読んで、それが定期テストに出されたりしました。

私立の進学校の場合、日常の英語学習から単語力を増やしていこうということで、教科書も「ニュートレジャー」や「クラウンプラス」などの、最初から単語数が多めのものを使っていったりします。

英語が得意であれば、それで、総合的な英語力を高めていくことは、確かに可能です。

でも、そんなに得意ではない場合、そこそこ得意だというぐらいの場合、その学習法は、ちょっとキツイです。

なんか、初めて見る単語がたくさんあって、それをひいひい言いながら調べるので精一杯で、大変です。

そこで、単語集を活用して、効率よく学ぼうということになります。

 

中学初期レベル

ただし、公立中学の中2〜中3前半レベルの学習までであれば、わざわざ単語集を用意する必要はありません。中学レベルの英語学習では、得意不得意に関わらず、学校教科書などの文章の中で、単語を増やしていく方が効率的です。

私もそうですが、学校の英語の授業の中で、「教科書本文の暗記・暗唱」「1つのレッスンの文を丸ごと暗記して言う」という課題を出されたことがある人も、多いと思います。

で、なんとかして覚えていくわけですが、いろいろ覚えていくと、確かに、そのあとの英語学習が楽になります。

英文の形が丸ごと入って、文法も自然に入り、その中で、単語力も増やせます。

レベルに合わせてスタート

基本的な文法の学習が終わり、学習する単語が増えた時は、単語集を使うと、効率よく学習が進みます。

1冊目の単語集は、7〜8割ぐらい見たことがある単語が載っているぐらいの単語集を使うと実は効率的です。

え?知ってる単語見たって意味ないじゃん!と思いきや、単語を見てから、意味がパッと出るまで時間がかかるようでは、長文を読む時に使い物になりません。

7〜8割見たことがあるくらいの難易度の方が、なんとなく知ってるレベルの単語を、一瞬でわかる馴染みの単語に変えていくことができます。

単語集の学習初期の段階で、知ってる単語と知らない単語(パッと意味が出る単語と出ない単語)を区別するために、ぱっぱと印をつけて、効率よく覚えるようにすれば、サクサク進みます。

単語集の学習でつまづいてしまう場合、単語集のレベルが合っていない、もしくは、その前の段階で英語に触れる量がが足りていないということかもしれません。

もちろん、志望校のレベルによっては、スタートで使った単語集を仕上げた後で、さらに上のレベルの単語集を追加していく必要があります。それでも、まずは、レベルに合った単語集からスタートするのが、続けるコツです。

 

小学生・中学受験準備・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試
学習塾・個別指導塾・受験予備校 一英塾 勝田台校トップページへ