今井の英文法教室(上下巻)

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、大学受験の英文法の参考書、
「今井の英文法教室」(今井宏・著)
の話です。

大学受験レベルの英文法について、
基礎的な内容から、ハイレベルな内容まで、
練習問題と共に、わかりやすく、おもしろく説明されています。

非常にいい参考書ですが、どのタイミングでどう使うかがいろいろある参考書です。

では、詳しく見ていきましょう。

本のレベル

本当の基礎の基礎のレベルを一応終えた人が、
本格的に英文法の学習に取り組むのにちょうどいいレベルです。

基礎からわかりやすく説明していますが、
高校一年生がいきなり1冊目として自力で取り組むには、
ちょっと大変かもしれません。

いわゆる、わかりやすい、基礎の基礎のみを説明した英文法の参考書を終えた人が、次に取り組むべき参考書としてちょうどいいレベルです。

あるいは、
「進学校で、なんとなく英文法はある程度授業で勉強してきたけど、なんか微妙な状態で、しっかりと、英文法の土台を固めたい。」
そんな人にもちょうどいい参考書です。

 

特徴・仕様

上下巻の2冊

「上巻」「下巻」の2冊に分かれています。

分かれていますが、2冊セットで買うことをオススメします。

下巻の方に、上下巻合わせた
「項目一覧」「索引」・別冊の「基本文・例題一覧」
が掲載されています。

上下巻合わせた厚さも、よくある厚めの参考書とさほど変わらないので、
あえて2冊に分ける必要があるのか微妙なところですが、
2冊に分かれていることで、持ち運びやすくなっています。

その上で、下巻についている
「基本文・例題一覧」
が別冊で切り離せるようになっているので、
これが復習に非常に便利です。

様々な仕様が、いろいろと痒い所に手が届く、使いやすいものになっています。

 

なお、もともと「今井の英文法入門」として、代々木ライブラリー(代ゼミ)から2冊に分かれて出されていたものがもとになっているため、その影響で、こちらも2冊に分かれているというのもあるのかもしれません。
現在の、こちらの「今井の英文法教室」は「東進ブックス」から出されています。

 

語り口が面白い

「語り口が面白い!」
これが、「今井の英文法教室」の最大の特徴とも言えます。

どう面白いのかは、読んでのお楽しみですが、
他の参考書の説明ではなかなか頭に入りにくい、
でも、なんかよく読んだらこの本の書きぶりはなんか面白いぞという場合に、
こちらをメインにしてみるのも大いにアリです。

好みはあるかもしれませんが、大胆かつ記憶に残りやすい説明です。

理論的な話が繋がる

もちろん、ただ面白いだけではありません。
それぞれの例題の解説が詳しく、それぞれの文法事項が、
うまく理論的につながるように工夫されています。
「整理して覚えるべきところ」
「理論的な話を知っておいた方がいいところ」
のバランスがうまくとれているので、進めやすくなっています。

 

いろいろな使い方

網羅系文法参考書の代わりに

「パワーステージ」「スクランブル」などの、
いわゆる「網羅系文法参考書」の代わりに、
この上下巻をしっかり仕上げるのもOKです。

「パワーステージ」などと比べると、
問題の網羅性は減るので、プラスアルファで問題練習をする必要があります。

ただ、同じ問題演習を行うにしても、
「今井の英文法教室」の方が、知識を体系的に整理しやすいという部分はあるかもしれません。

 

文法の辞書的に

各項目の説明が詳しくわかりやすいので、
「エバーグリーン」や「フォレスト」
の代わりに使うこともできます。

項目によって、かなり詳しく、面白く書かれています。

英文法の仕上げに

別の参考書などである程度しっかり英文法を固めたあとで、
それほど時間をかけず、1週間程度を目安にさっと読むというのも、
大いに効果があります。

1冊決めて取り組む

いずれの参考書を使う場合も、
1冊をメインに決めて取り組むのが大切です。

その上で、行き詰まる場合に、サブ的にいろいろ使ってみる、というのがちょうどいいでしょう。

2周以上!

「この参考書がメイン!」
「この教材はとにかくマスターするぞ!」

と決めたら、2周以上しましょう!
「何をするか?」「どの教材を使うか?」
よりも、
「いかに内容を身につけるか?」
が大切です。

 

 

小学生・中学生・高校生
学習塾・個別指導塾・受験予備校 一英塾 勝田台校トップページへ
オンライン個別指導にも対応しています

一英塾へのお問い合わせ・お申し込みは
お問い合わせフォームから!