2021年からの大学入試にどう備えるか?

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、
「2021年からの大学入試にどう備えるか?」
という話です。

(2019年11月1日に修正しました。)

現在の高校2年生から、大学入試が大きく変わるというのは、
すでにニュースなどで知っている方も多いと思います。

では、どうすればいいのか?
2019年11月時点で、考えられる対策をまとめてみます。

ざっくり言うと・・・

・大きな変更は国公立大学入試
(センター試験→大学入学共通テスト)

・私立大学の入試はほぼ現行通り
(センター試験利用入試→「大学入学共通テスト」利用などへの変更はあり)

・変更がほぼ無い大学・入試形式を選ぶ方が無難だが、そちらの人気が若干高まる可能性もあるかもしれない。

・国公立大学での英語民間試験を利用は2024年以降に延期
(別枠で優遇がある大学・学部は現在も一部あり)

 

・「大学入学共通テスト」自体の混乱も予想されるため、学力的に国公立大学の受験に不安がある場合は、早めに、今から、私立大学に絞って受験勉強を進めた方が良い。

・金銭的な不安がある場合は、私立の「神奈川大学」「東洋英和女学院大学」などの給費生試験・スカラシップ試験も検討してみる。

それぞれ詳しく見ていきます。

大学入学共通テストに変更

現行の「大学入試センター試験」は、2021年1月試験より「大学入学共通テスト」に変更になり、出題形式が変更になります。
国公立大学での、「英語民間試験」を利用した入試は2024年以降に延期となりました。
(国公立大学でも別枠で英検などでの優遇がある大学・学部は現在も一部あります。詳細は各大学のウェブサイトをご確認ください。)

私立大学は大きな変更なし

私立大学の入試では、まとまった大きな変更は行われない予定です。
ただし、「センター試験利用入試」は、「大学入学共通テスト」の利用入試に変わるものと思われます。

現行のセンター試験利用も、通常の個別試験より難易度は高めです。私立大学志望で、新たに始まる「大学入学共通テスト」に少しでも不安を感じる場合は、「大学入学共通テスト」は無視して、各大学の個別試験に向けた勉強にマトを絞った方がいいかもしれません。

 

英語民間試験の利用は延期

全ての国公立大学で、英語民間試験の受験は不要となりました。

高3の4月以降は、できる限り、「共通テスト」と「各大学の個別試験」に向けた学習に集中しましょう。

もともと英語民間試験不要だった大学(参考)

*利用しない=
北海道大学・岩手県立大・東北大・会津大・奈良県立大・岡山県立大ほか

*高校などの証明書で代用可=
東京大・一橋大・埼玉大・名古屋大・京都大・大阪府立大・大阪市立大・尾道市立大・九州大ほか

 

 

不安なら今から私立大学にしぼる

「大学入学共通テスト」自体の混乱も予想されます。出題形式は公表されていますが、様々に未定な部分も残っています。
今の時点で、学力的に国公立大学の受験に不安がある場合は、早めに、今から、私立大学に絞って受験勉強を進めるのも手です。

早めに、私立大学向けに科目数を絞って学習を進めることで、かなり効率よく偏差値を上げていくことも可能です。

一般に、科目数が少なくなると、難易度は上がりがちですが、少なくとも、入試についてあれこれ調べたり迷いすぎては、意味がありません。

 

給費生・スカラシップ生の制度もある

金銭的に不安がある場合は、私立大学の給費生試験・スカラシップ生試験も検討してみましょう。
最長で、4年間全て、授業料が免除されるものもあります。

「神奈川大学」
「東洋英和女学院大学」
などで、毎年12月に「給費生試験」「スカラシップ試験」などの名称で試験を実施しています。

なお、金銭的な不安は無いという場合も、通常の入試からズレて12月なので、準備として受験するのも手です。

以上の選択肢が、現時点では、考えられます。
いずれにしても、戦略的に準備を進める必要があります。

 

小学生・中学受験準備・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試
学習塾・個別指導塾・受験予備校 一英塾 勝田台校トップページへ