単語カードの効果・注意点

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、「単語カード」の話。

おなじみの、これ↑です。

「単語カード」と言ったり、
「フラッシュカード」と言ったりします。

わりと、ほとんどの人が一度は使ったことがあったりします。

使えるようで、使えない。
使えなさそうで、使える。

単語カード、使う上で、
良い点と悪い点、メリットとデメリットがあります。

良い点・メリット
・覚えたい言葉をシャッフルできる。
・コンパクトでいつでも気軽にチェックできる。
・めくるのが刺激になり、面白い。
・使い方次第で記憶に残しやすい。

悪い点・デメリット
・作るのに、結構時間がかかる。
・整理が大変。
・1問1答的なもの以外には使いにくい。
・全体像を把握するのには向かない。

ざっくりと、こんな感じです。

「単語カード」最大のデメリットは、
「作るのに時間がかかる」
という点。

すでに必要事項が印刷された単語カードや、
最近であれば、スマホ・タブレットなどのアプリであれば、
「作る時間」は短縮できます。

しかし、すでに知っている内容も改めて確認する必要があるため、
進行度合いによっては、時間がかかってしまいます。

こんなデメリットを意識しつつ、
それでも効果的に使うにはどうするかを見ていきます。

「作るのに時間がかかる」問題

単語カードを作るのに時間がかかる問題。
これも、多くの人が失敗しがちな話です。

「よし!単語カードは良さそうだ!
なんとなく勉強してる感じがするぞ!」

と意気込んで、参考書・問題集・教科書を見ながら、
せっせと単語カードを作っていきます。

英単語であれば、
片面に日本語、片面に英語。

社会科の語句であれば、
片面に問題、片面に答え・言葉。

そんな感じで作っていきます。

この作業は、結構面白かったりします。
作るのが面倒な場合もあるかもしれません。
勉強してる感じも出ます。

語数が多いと、それだけ作るのに時間がかかります。

「よーし!できたぞ!」
と作り上げたものの、できただけで満足してはもったいない。

残念ながら、時間をかけて作ったわりには、
作っただけでは、ほとんど内容は頭に入っていません。

そこから覚える作業が必要です。

ここのバランスが難しく、
「なんか面倒だったから、使うのをやめた。」
という人も多いと思います。

私自身も、中学生の時に少し使ったことがあるぐらいで、
高校生になって以降は、あまり使った記憶がありません。

ただ、大きいサイズの単語カードを発見し、
面白かったので買ってみたものの、
それっきりだったなあ、ということはあります。

なんか、案外使いにくいなあということならば、
無理に使う必要もありません。

単純に、ノートや参考書の答えの部分を隠して、言えるかどうか、
口頭で、あるいは頭の中で、チェックすれば足りる場合が多いです。

わざわざ手間をかける理由は、あまりない場合も多かったりします。

ただ、「単語カード」ならではのメリットが多いのも確かです。

それでは、「単語カード」ならではのメリットを、うまく生かす、
そんな使い方を見ていきましょう。

 

項目を絞る!!

 

とにかく、
単語カードを作る項目を超最小限に絞る!

「項目を絞る!」

これで、ぐっとうまく使いこなせます。

大阪の予備校「ミスターステップアップ」さんが上げている動画です。
この動画では、
大学受験の勉強で、英単語を覚える際の効果的な単語カードの使い方を説明しています。

ポイントとしては、
1、1冊の単語集で90%以上を覚えた段階で使う。
2、くりかえし見る(1日7回以上)
3、分ける(覚えたもの・覚えていないものをキッチリ分ける!)

ということを挙げています。

 

つまり、
「切り札として、最小限に使う!」
「使うからには使い倒す!」
ということです。

ターゲット1900レベルの単語集90%以上完成したら使う。
かなりの完成度です。

作るカードの枚数は、最大190枚。
ただ、90%以上完成するぐらいやり込んでいたら、
もう少し絞り込めていることも多いので、
実質100枚程度といったところでしょうか。

しかも、
「英単語」
であれば、意味と単語を書くだけ。

かかっても、100枚つくるのに、
10分〜15分程度でしょうか。

むしろ、単語カードを
「作る」
だけの作業に、15分以上かけるのはもったいない!

10分くらい作る作業をしていると飽きてしまうかもしれません。
10分ぐらい作ったら、試しにめくって、テストしてみましょう。

大学受験レベルで「切り札」として使うくらいですので、
定期テストであれば、100枚では多すぎるかもしれません。

ワークや問題集でどうしても覚えられないものだけを、
ピップアップして、5〜10分以内で作れる分量を作って、
それをとことん使い倒す。

そのあたりが、有効な使い方です。

カードに書き込む内容も、
1枚10秒程度で書けるくらいのもので。
1分6枚で、10分で60枚くらい。

それ以上1枚に詰め込んだり、枚数を作ろうと張り切ると、
いろいろ辛くなってくるかもしれません。

パパッと作って、使い倒す。
これが大切です。

こちらは、「WEB玉塾玉先生」が上げている動画です。
この動画では、高校世界史での単語カードの使い方を説明しています。

ここでのポイントは、
「すぐ出ない時は見る!」
「覚えたカードは取り除く!」
ということです。

出ない時は見る!分ける!

すぐに答えが思い出せない時は、
答えを見ましょう!

2〜3秒くらい
「あれ、なんだっけなあ・・・」
と思い出そうとするのは構いませんが、
それ以上は時間がもったいない。

さっと答えを見ちゃいましょう。

そのあと何周も確認すればいいのです。

問題集で確認している時には、
わからなかったものにどんどん印をつけていきます。

次は、印のものをもう1周。

それでも覚えていないものに、さらに印。

印が大量についたもので、どうしても覚えられないもの、
あるいは、なんとなく不安なもの、それを
カードにして、覚えていけば、効率よくいけます。

そして覚えたものはよける。
わかるものとわからないものは、分けましょう!

さっさと分けられるように、
机の上でやる時には、リングをつけないほうが良いです。
覚えたら、さっさと別の山にどけられます。

どんどん覚えていくと、
カードの枚数が減っていくので、
達成感が得やすくなります。

まとめると、
「すぐ見る!」
「クリアしたらどける!」
といった具合です。

 

カードを作る時間を最小限に

繰り返し言っているように、
カードを作っている時間は、極力少なく。

ここぞということの切り札に、作ります。

作る時間も、多くて10分以内に。
10分でも飽きてしまうかもしれません。

その場合は、2〜3分以内で作って、
作ったものを早速使って覚える作業をしてみましょう。

いずれにしても、効率よく、目標を定めて、
学習を進めることが大切です。

小学生・中学受験準備・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試
学習塾・個別指導塾・受験予備校 一英塾 勝田台校トップページへ