定期テストの前に

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、定期テストの話。

10月に入り、3学期制の学校では、
中間テストが近づいてきたという学校も多いのではないでしょうか。

 

テストの前は、直前に慌てる人。
実はしっかり準備をして臨む人。
中には、ほとんどテスト勉強はしない人も?!

人によって様々だと思います。

最近では、定期テストの無い学校もあったりします。
ちょっと羨ましいと思う人もいるかもしれませんが、
どのように成績をつけているのか、結局そのうち入試がある・・・、
などを考えると、無ければ無いで、別の不安もありそうな定期テスト。
自分自身でしっかり目標設定ができるのであれば、定期テストが無いというのも、
ありなのかもしれません。

学問とは本来、自らの興味関心に基づき、人間としての知的好奇心から、
探求をし、学ぶべきものである。

・・・などと言いつつも、どうしても、なんらかの目印、締め切りがないと、
なかなか本気が出ないものです。

「締め切り効果」などというものもあり、
何事も、締め切り・期限が決まっていると頑張りやすい、
ということもあります。

そういった意味で、せっかくなら、定期テストを上手く活用して、
これまでに学習したことを整理していきたいものです。

せっかくテスト勉強をするからには、
上手くやりたい。効率よくやりたい。
そう考える人、多いと思います。

今回は、上手く定期テストの勉強を進めるヒントを、
あれこれ書いていきたいと思います。

さて、勉強をするしない以前に、
「やる気が起きない」
「時間がとれない」
という問題があるかもしれません。

そんな話から、スタートします。

やるき モチベーション

やる気が起きない。
モチベーションが上がらない。

そんな話を耳にします。

直接は聞かないにしても、
「テストの日が近づいてこないと、
勉強のペースが良くならないなあ」
という状況は、人によっては見えてきます。

そんな、「やる気」をどうするか。

カタチから入る

「やる気」が有るのか、無いのか。
そんなことに関わらず、とにかく勉強を始めてしまう。
それでいいのです。

やる気が無くても、とりあえず、
なんでも良いので、教科書を開いてみましょう。

とりあえず、部屋の片付けから、
という前に、まずは教科書だけでも開きましょう。

とりあえず教科書とノートを眺めてみる。
まずはとにかく音読をしてみる。
状況によってはそれだけでもかまいません。

いつでも、教科書・ノートをしっかり出して、
机の上にしっかり広げて、筆記用具をセットして、
あれをやってこれをやって・・という具合に、
フルセットで臨む必要はありません。

そのときそのときで、できることから始めましょう。

やる気が起きず、上手く進まない場合は、
「教科書・ノートを眺める。」
「単純に音読する。」
「ただ書き写す。」
などの作業から入りましょう。

上手く自分のペースで

「勉強しろ」と言われるとやる気が下がる。
「今やろうと思ってたのに。」
(割と本当に今やろうと思っていた。)

これは本当に結構あります。

いわゆる難関大学にいく人は、
「勉強しなさい」
と言われるケースは少ないようです。

明確な統計があったり、
身近にいた人に聞いて回ったということではありませんが、
どうもそのようです。

もともと自分から勉強するような人だから、
難関校に行けたというのもあるのかもしれませんが、
なんとなく環境が整っていたというケースが多いようです。

といっても、子供部屋に観葉植物があって、
きれいに整理整頓されていた、ということではありません。
(それはそれでイイことですが、必須ではなさそうです。)

家に本が多くあったり、親や周りの人が勉強熱心だったり、
知的なものへの投資額が多かったりなどです。

勉強熱心というのは、教育熱心ということに限らず、
それぞれの仕事のこと、趣味のことについて勉強熱心ということです。

そのようなことを踏まえて、
今後学生自身ができることとしては、
土台となる知識を、つけやすいところからつけていくということです。
自分が入りやすい入り口はどこか、興味関心はどこにあるか、
改めて考えてみるのもいいです。

または、学生の方から先に「この時間に勉強する宣言」を
してしまうのも手です。

誰かに宣言をしたり、予告をすると、嫌でもモチベーションが上がります。

時間の確保

「部活動だったり、他の様々な予定だったりで、
勉強時間が上手く確保できない。」

これは、多くの人が悩むところだと思います。

どうしても勉強時間を大きく増やすことは難しいので、
今確保できる時間の中で、どうにかするしかありません。

時間を止める技が使えたり、1日が27時間になったりは、
絶対にしないので、持っている時間の中でどうにかしましょう。

スキマ時間を使う

良く言われる話ですが、
まずは、「スキマ時間」の確保です。

1分でも、5分でも、スキマの時間を上手く使いましょう。

勉強は、必ずしも、机の上でやらなければならないわけではありません。
ちょっと教科書を開くだけでもイイのです。
極端な話、何も無しでも、手ぶらでもOK。

それぞれ、例えばどうすればいいのか、みていきます。

何も無し 思い出す

本当に時間が無いときは、何も開かなくても大丈夫です。

「今日はどんなことを勉強したか?」
それを頭の中で確認するだけでも、大きく違います。

たったそれだけ?
そんな風に思うかもしれません。

改めて、どんなことを勉強したかを、
思い出してみると、何にも思い浮かばないかもしれません。

ぼんやりと思い浮かぶ程度かもしれません。

どの程度思い出せたかに関わらず、
それをやっておくと、その後、教科書やノートをみてみると、
「あ!そうだった!」
と印象に残りやすくなります。

また、自分なりに頭の中をあれこれ整理するので、
学習した内容の理解度も上がります。

ちょっとしたことですが、やってみましょう。

これだけなら、最短1分ぐらいでもできます。

パッとみる

まとまった時間が取れない場合も、
軽く教科書・ノートをみておくだけでも大丈夫です。

もちろん、本当にそれだけでは内容が完全に頭に入るわけではありませんが、
学習の仕上げが、グッと楽になります。

サッとテスト

問題集も、必ずしも机の上でやらなければいけないわけではありません。
必ずしっかり書いて解く必要もありません。

もちろん、
「問題をしっかり書いて解く。」
ことも必要ですが、
「とにかくなんども繰り返して頭に入れる」
ために、いろいろ工夫できます。

答えを隠しつつ、
「頭の中でor口頭でパッと言えるかどうかテスト」
を軽くやってみる。

これだけなら、スキマ時間、電車の中、寝る前のベッドの中でできます。
(寝る直前だと眠れなくなる場合もありますが・・)

問題を進めるコツは、
とにかく、
「パッとわからなければ次へいく」
「パッとわからなければ答えを見る」
のがコツです。

問題にもよりますが、覚えていないものの前で、
ぼーっとしていては時間がもったいない。

もちろん、あれこれ考える時間も大切です。
ただ、知っているかどうかだけの問題は、
とりあえず答えをみて、それをどうにかして、
覚えていくほうが大切です。

短い時間で、
口頭で、頭の中で、パッとテスト
ぜひ、やってみましょう。

制限時間

時間を意識しないと、
ついつい、いろいろなことを、
だらっとやってしまいがちです。

だらり、のんびりも時には大切ではありますが、
少なくとも定期テスト前はそうは言ってられません。

そこで、
「制限時間」
を意識しましょう。

例えば、
「30分以内」
でここまで勉強する。

と決めておく。

決めておくと、
メリハリができます。

なんとなく始めて、
なんと無く終わっていくと、
ちょっと効率が悪くなってしまいます。

「この時間以内で、ここまで終わらせよう!」
と決めておくと、ちょっと時間が経った時に、
焦って頑張れますし、何をどのくらいやれば終わるのか、
自分で学習計画が立てやすくなります。

「制限時間」を意識してやっていきましょう。

学習の流れ

・やる気は気にせず、まずはやってみる!
・時間を意識する!

ここを考えるだけで、定期テストの勉強の効率は、
グッと上がってきます。

そこに加えて最後に、
「学習の流れ」の話。

勉強を進めていく上での、
大きな流れを意識しましょう。

ざっくり→細かく

いきなり問題集に取り組んで、
手が止まってしまうことはありませんか?

あまり定着していない段階だと、
いきなり問題集をやると、かえって効率が悪い場合があります。

意識するのは、
「ざっくり→細かく」

大まかなところからみて、その後で、細かくみていきます。

いきなり問題集や一問一答から入るのではなく、
教科書・ノート・わかりやすい解説中心の本から、
学習をスタートさせましょう。

細かくよむよりは、まずはざっくりと、
最初はパラパラみていくのがコツです。

こんなことやったなあと、パッと振り返ってから、
細かく見直していきましょう。

テストまで、まだまだ先だなあと思っていて、気持ちが乗らない時も、
ぱらっと軽く見直しておくと、後の学習が少し楽になります。

直前期でも、軽く教科書・ノートなどを数分見直してから、
問題集・ワークに入ると、効率よく学習できます。

もちろん、ある程度自身がある場合は、
いきなり問題集に入って、本番のテスト感覚で取り組みます。

それぞれ、自分に合ったやり方で、いろいろやってみるのが大切です。

 

小学生・中学受験準備・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試
学習塾・個別指導塾・受験予備校 一英塾 勝田台校トップページへ