中学数学・計算をミスなくできるように極めよう!

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、中学生の数学の、計算問題の話です。

この時期(1学期前半)は、
どの学年も、数学は、何かしらの計算問題が学習の中心です。

とにかく計算の仕方をマスターして、さらに複雑な計算、あるいは、それを使った文章題が続いていきます。

計算分野で注意すべきポイントは2つ。

第1段階:ミスなくできるまで徹底的に練習する。
第2段階:応用問題は、「なぜそうなるか」を抑えつつ、パターンを抑える。

順番に見ていきましょう。

第1段階:ミスなくできるまで徹底的に練習する。

計算問題。
やり方を抑えて、段階を追ってしっかり練習すれば、できるようになります。

ただ、
「やり方を抑えて、段階を追ってしっかり練習」
するのがシンプルなようで、大変です。

「単元が進んでしまったので、
その前の内容をマスターしていないのに次に進んでしまい、
よくわからないことになっている。」
ということがよく起きます。

あるいは、
「わかったつもりになって、
練習量・理解が不足したまま次の段階に進んで、
やはり難しいと感じてしまう。」
ということも起きます。

そうならないために、
基本的なところから、
順を追って、たっぷり計算練習をしていくのが大切です。

なお、効率よく学習するコツとしては、
「さっぱりわからない」
という場合には、
「早めに回答を確認して、
それをもう一度できるかやってみる。」
あるいは、
「ギリギリ自力でできる、前のレベルに戻る。」
などで、
「ほぼ何もしていない時間」
をできるだけ作らないようにすることで、時間短縮できます。

とは言うものの、やはり、計算をマスターするのには、十分な時間が必要です。

 

第2段階:
応用問題は、「なぜそうなるか」を抑えつつ、パターンを抑える。

「計算は得意だけど、文章題や応用的な問題はちょっと・・・」
ということも多いですね。

文章題は、初めて見て解けるということはあまり無いと思います。

もちろん、試行錯誤してみるのも大切ですが、
わからない場合は、まずは解答・解き方を確認して、
その上で、改めて、自力で解けるか、解き直していきます。

この、
「解き直して、自力で解けるようにする」
というのは、非常に大切です。

また、
「なぜ、そのように解くのか」
大まかに理由も抑えましょう。

理由をおさえるに当たって、
前の学年に戻って復習する必要が出てくる場合もあります。

理由がわかると、さらに複雑な内容も、できるようになっていきます。

その他、細かな点は、塾での指導で、少しずつお伝えしています。