高校の英語の教科書の話

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、高校の英語の教科書の話を少し。

高校の英語の教科書は、中学よりも数が多くなっています。
(一人の生徒が使う本が多いということではなくて、
教科書会社も、種類も豊富という意味です。)

 

違う高校に通っている生徒が10人集まると、
実は10人とも使っている教科書が全員違う、ということもよくあります。
(近隣の高校だと、今年度は佐倉高校と津田沼高校が全学年で同じ英語の教科書ですが、これは、割と珍しいケースです。)

中学英語の教科書は、だいたい7社・7種類くらいしかありません。
日本全国の中学生がだいたい7種類くらいのうちのどれかを使っています。

ところが高校英語になると、教科書会社が10社以上で、かつ同じ会社がレベル別に2冊・3冊出しています。

例えば、
三省堂の「コミュニケーション英語」の教科書は、
レベル別に、
難易度高め=CROWN(クラウン)
難易度中くらい=MY WAY(マイウェイ)
難易度易しめ=VISTA(ビスタ)
の3種類出ています。

各高校で、その高校の生徒の学力に合わせて、
あるいは、英語の先生の方針に基づいて、教科書を使用しています。

高校入試の偏差値と、使う教科書の難易度がピッタリ一致するかというと、必ずしもそうではありません。

例えば2019年度の八千代高校では、全学年でCROWNとMY WAYを両方採用しています。
2つの難易度の異なる教科書を使用することで、
易しめのもので多読・語彙力のアップを、難しめのもので語彙力アップと英文解釈力の向上を図るなど、いろいろなメリットがありそうです。

教科書の採用には、いろいろな要素が絡んでいるようです。
いわゆる進学校でも、検定教科書としては中くらいの難易度のものを使っている場合もあります。
あるいは、一応進学校ではあるものの、入試偏差値などを考えると、高めの難易度のもの単独は辛いかもしれないな、ということもあります。

目安としては、
トップの進学校=難易度高めの教科書
進学校=難易度高め・中くらいの教科書併用 or 難易度中くらいの教科書
ぐらいが無理が無い気はします。
あとはそれぞれのレベルや希望に合わせて・・ぐらいで。

そうは言っても、中上位校は、ちゃんと難しい文が読みたい上位の生徒のために、難易度高めのものを採用している感じです。

なお、当塾では、中学の英語教科書・高校の教科書とも豊富に揃えてあります。
教科書に合わせた学習・レベルに合わせた学習など、様々に対応いたします。

もちろん、難関大学を目指す場合は、難しいレベルの検定教科書よりもさらにハイレベルな学習も必要になってきます。その場合に必要な教材も提示しています。

一英塾へのお問い合わせは、
TEL: 043-463-3003
または
お問い合わせフォームからどうぞ!

 

中学生・高校生コースについては、こちらも合わせてお読みください。
中学生コース
高校受験コース
高校生・大学受験コース

Power Stage / Next Stage / Scramble / Vintage 英文法・語法のあれこれ(高校生・大学入試)

英語・数学・国語・理科・社会の学習法・注意点(中学生)

 

周辺エリア
八千代市勝田台・勝田・上高野・村上・下市場・萱田・大和田
佐倉市井野・志津・ユーカリが丘・上志津原
千葉市花見川区み春野・横戸・こてはし台
小学生・中学受験準備・中学生・高校入試・高校生・高卒生・大学入試
学習塾・個別指導塾 一英塾 勝田台校トップページへ

 

お問い合わせは、
TEL: 043-463-3003
または
お問い合わせフォームからどうぞ!