「しっかり読むこと」に慣れる

こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

今回は、
「しっかり読むことに慣れる」
という話。

当然のことですが、自力で読んで、理解していく力は必須です。

全部動画・直接説明を聞くのは効率が悪い!

運良く、自分に合った良い説明をしてくれる人が身近にいれば良いのですが、
全分野、全範囲、それに頼るわけにはいきません。
もちろん、高校レベルまでの勉強の、かなりの範囲の説明が、インターネット上にあります。
それでも、全範囲の説明を動画で、あるいは、口頭で聞くのは、非効率です。

マンガ・小説 vs. テレビ・映画

例えば、
マンガを読むのと、同じ内容をアニメで見るのと、どちらが速いでしょうか?
小説・マンガを読むのと、同じ内容をテレビや映画で見るのと、どちらが速いでしょうか?

マンガ・小説の方が速いですよね?

文字で速く理解できるのであれば、その方が効率的です。

良きアドバイザーと効率をMIX

もちろん、細かな点、わかりにくい部分は、説明してもらった方が良い場合もありますし、実際に人に聞くと、
「そこはまだ取り組むのは早いから、その手前から練習して理解しよう。」
とアドバイスされる場合もあるでしょう。
それぞれの良さを、上手く組み合わせるのが最強です。

どんどんわかりやすい本が出ているが・・・

数十年前まで、教科書・参考書は、なんだか難しいものでした。

堅苦しいイメージの教科書・参考書が、
様々な工夫・競争・印刷技術の発達で、どんどん、
カラフルで、わかりやすいものになっていきました。

学校教科書は、様々な制約があり、
「わかりやすさ」の点で、多少限界がありますが、
学習参考書は、どんどん、見やすく、わかりやすくなっていっています。

小学生の頃から活字に親しんで、読書習慣があれば、
わかりやすい参考書でどんどん理解が進む部分も多くなります。

読むことが苦手な場合、読んで理解することが苦手な場合、
どのタイミングからでも、少しずつでもいいので、
「自力で読む」
ということになれることが大切になってきます。

当塾でも、どのタイミングで、何をどう読むかも、
少しずつアドバイスしていきます。